相手が必ず隅打つとは限らないが…

要は手数を稼げるかどうかが大事である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここまで、ウイング狙いX打ち、ブロック狙いX打ち、
爆弾狙いX打ち、双方C打ち狙いX打ちなど、
いろんなX打ちを伝授してきました。

どれも流れは似ているので、覚えやすいでしょ?
奇数空きをX攻撃し、相手が隅を取ったら、残る1マスに潜って相手の番にする。
これで相手に手を渡す。って考えね。

だけどここで気になる点。
こちらがX打ちしたら、相手は必ず隅を取ってくれるのか?

スポンサーリンク

多分初心者相手なら取ってくれるでしょう。
初心者は隅が打てる時はほぼ確実に打ってくるから。

しかし、少し慣れた相手ですと、おそらくそう簡単には隅に打ちません。
打つと手損することを知っているからです。

ここまでこちらがX打ちしたら、相手が隅をとる前提で話を進めてきましたが、
実際の流れは次のような感じになる。

X打ちをかましたけど、相手はすぐに隅に打たず、他のところに打つ。
そういった流れになるのが普通です。

ただそれでも、奇数空き(3マス空きが多い)にX打ちすることで、
相手が隅以外の他のところに打ったその手で、こちらは1手得している。 ということになります。
上の局面の場合、左側の黒壁を破壊せずに進められています。

もし、白X打ちをせず、他の箇所に打つとなると次のような感じになります。

先ほど白g2とX打ちすることで、黒はf7に打ちましたが、
今回のようにX打ちをせずに左の黒壁を破壊すると、
黒もその辺りを狙って打ってきます。
つまり、黒はf7に打ってないので、その分黒の手数が温存された、相対的に白が手損することになる。

よって黒がすぐに隅に打ってこないと分かっていても、
X打ちすることで白は手数を稼ぐことが出来るので、X打ちが好手となるわけです。

隅以外にもロクな手がない場合は、隅に打ってくるでしょう。
つまり、相手に隅を取らせて、こちらが有利になるってこと。

初心者向けで紹介した、
隅は絶対取った方が良い
というのは必ずしも正しくないことが段々分かってきたと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

相手が必ず隅打つとは限らないが…  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)