C→B打ち返し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手がCを含んで辺を確保した場合。
ちょっと変わった技があります。
C→B打ち返し」という技は、このサイトくらいしか用いてないです。

ちなみに発動できるのは、相手が2マス確保 or 3マス確保している場合でのみ可能で、
4マス確保型の場合は、ここで紹介する技を使えません。
相手がC打ちしている辺に対して、2マス隔てて付け手を行う。
続けて、すぐ隣に付け手する2段階戦術です。(←なので4マス確保では無理なんです。。)

スポンサーリンク

まずは3マス確保版からにしましょうか。
コチラの方が頻度高めなので。

発動できる条件は次の通り。

オセロ・C→B打ち返し 

相手がC打ちしている上辺に注目!
ここから2マス隔てて打つのですが…

まずはこの盤面ではf列。
黒g1に打つと、f2の石を取ることになる。
赤枠のように黒で連続していることが条件で、
これで黒g1に打つと白はf1に打てなくなります。

そして白はe1にも打てない状況である。これでOKです。

特にf列です。
もしここに白石が紛れていると

逆に反撃を食うので打ってはいけないんです。

じゃあ先ほどの、C→Bと打ち返した時の盤面ですが、
こうなってますよね。

黒はいつでもa1が取れる状態なんですが、
ここに打った瞬間、白はh1が余裕手と化します。
つまり、お互い隅を1個ずつ取ることになる。

じゃあ、この手筋、何が黒にとってお得だったのか?

手数ですね('-')ノ
白が辺確保したところに対して、2回辺に打ったことで手数を稼いでます。これが大きい。

相手2マス確保型の方が実は都合が良い

ここの冒頭で触れた、相手が2マス確保している場合、
実はコチラの方が都合が良いんです。

石数が1個分短いので、同じような流れになっても、 相手に隅は取られない。この点が大きい!

相手がCを含んだ2石確保型を作ることは、経験上あまりない

だけど、相手が作った時には割と美味しい場合があるので、是非使えるようになってほしい。
逆に、コチラは極力作らない方が良い。

NEXT:予約

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

C→B打ち返し  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(中級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)