上級者向け・問題No.6

オセロ上級問題

黒番
管理人が大会で経験した局面そのもの。
最低3手読みましょう。
勝ちを確信するためには11手程度。

スポンサーリンク

正解

「>>」を押すと正解が表示されます。

答え 黒h8→白g8→c1 (これで白偶数理論を上手く活かせない)
    更に、白g2→黒d1→白b1→黒h1→白g1→黒a1→白b2→黒b7

まずは局面を見て何を考えるか?
左上は白から打てない5マス空きだけど、
これを最後まで温存するのは不可能です。

その理由は、まず右上の3マス空き。
このままでは黒先着→白打つ→黒手どまりが不可能なこと。
これを実現するためには黒g2に打てるようにしないといけない。
しかしそれには、先に述べた白から打てない左上5マス空きに打たないといけなくなる。

他に右下は2マス空き(黒h8→白g8はほぼお約束)
左下は4マス空き。
どう打っても白に手どまりを打たれる。

そんなわけで、黒初手は左上の白から打てない5マス空きに打たないといけない。
自ら逆偶数理論を潰す勇気が必要。
いやぁー例外って多いですねオセロは(笑)

逆偶数を潰したため、白に手どまりを打たれる可能性が高く、
黒は出来る限り、石数を守る必要がある。

そこで狙うべきなのはc1。
これで左上の5マス空きは、d1天王山と、3マス空きに変わる。
この3マス空き、最後まで進んでいくと白から先着ですが、
実はどこに打っても効果的ではない。
一番良さげに見えるc1ですが、b列が白連続なので、黒g1でウイング化させてもb2に打てない。

しかし、初手いきなりc1ではダメ。
打ってしまうと、白c8が置き打ちになるから。
これを防ぐには、まず黒h8→白g8の交換が必要!

これで黒c1に打っても、白はc8が打てないです。
戦いは盤面上側へ

先に述べたように、左上3マス空きは白有効打ではなく、右上から打つことになる。
その流れは白g2→黒d1→白b1→黒h1→白g1→黒a1→白b2
ここが一本筋になる。

これで黒はh列、a列、1行を確定石にすることができた。
ここまでの局面を描ければあとは簡単。
次はb7でb列を打ち抜こう。勝負ありです。

実戦ではσ(・・)黒持ち。
ちょっと手順変わりましたが無難に読み切れました('-')ノ

前の問題へ 次の問題へ 問題一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)
オセロで勝つコツ・必勝法(上級者向け)