ピュアウイング狙いX打ちは失敗少ない

隣接中辺が「相手or自分色」連続でもX攻撃可能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、ウイング狙いX打ち・失敗版というものを紹介しました。
隣接する中辺が「相手色」や「自色」で連続している時は、失敗すると言うもの。

ただし、相手が通常ウイングではなく、ピュアウイングを作っている場合、
少し話は変わってきます。
標題でも書いた通り、ピュアウイングを作られた方が、安心してX打ちが出来ます。

ピュアウイングの場合も通常ウイング同様、基本は3マス(奇数)空きを狙うのが良い('-')ノ
4マスなど偶数空きには、
通常ウイング狙いX打ち同様に手どまりと打たれてしまうので、威力は落ちます。
(4マス空きでの最強の威力となるケースをダブルピュアウイングで紹介しています。)

ではでは、こんな局面。

オセロ・ピュアウイング狙いX打ちは失敗が少ない

相手ウイングの中辺部分は、全て相手色のやつがピュアウイングですね。
ここで黒b2に打つとどうなるか?

スポンサーリンク

b列を見ると、黒が連続しています。
もし上辺が通常ウイングだったら黒X打ち(=b2)の後、白にb1→a1と連打されてしまうのですが、

今回は中辺も白が連続しているピュアウイング形。
通常ウイングと異なる点は、黒X打ち(b2)の際、2行の白を返さないことです。
なので、白はb1に打つことが出来ず、a1からしか打てなくなります。

白a1に打った後、b1は黒しか打てない余裕手になります。
通常のウイングの場合と全然違うでしょ?

白はピュアウイングを作ったことで、黒にX攻撃を献上してしまいました。
よってピュアウイングは通常ウイングよりもX打ちに弱くなります。
(あくまで"出来るだけ"です。作った方が良い場合もあります! そのうち紹介)

ウイングに隣接する中辺が、「相手色」で連続している場合も同じです。

こんな場合ですね。

もし上辺が通常ウイングならば、黒b2→白a1と打った後、黒はb1に打つことが出来ません。
白に連打されて壊滅するのですが、
ピュアウイングになると黒b2の際に2行の白を取らなくて済むので、
白がa1に打った後、図6のように黒はb1にいつでも打てる余裕手状態になります。

更にh1もいつでも打てる形となる。
なのでピュアウイングを狙ったX打ちは非常に有効であると言えます。

次はピュアウイングを作って有利化?です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

ピュアウイング狙いX打ちは失敗少ない  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)