X打ちの破壊力って?

打つタイミングによって、破滅~圧勝まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オセロでのX打ちは、
上手く発動できれば完全勝利を収められるくらい、とてつもない破壊力を持ちます。

今までは「打てば死ぬ」と思われていたX打ち。
しかしそれは大きな間違いで、打つタイミングによっては強烈な破壊力を叩きだします。
そこで当項目では、X打ちの最も基礎と言える部分を見ていこう。

オセロのX打ちには大きく分けると4段階に分かれます。
(カッコ内は某書籍の言い方です。)

自殺行為のX打ち (無謀のX打ち)
嫌々のX打ち    (しぶしぶのX打ち)
勝負のX打ち    (勝負手のX打ち)
破壊力絶大X打ち (ブラボーのX打ち)

スポンサーリンク

自殺行為のX打ち

(命名は管理人独自)

自殺行為のX打ちとは、
序盤から何の理由もなくX打ちすることです。
対局者同士のレベルが同等程度ならば、これをやると大抵負けます。
オセロの経験が殆どない超初心者が、意味もなく打つことが結構ある。

何故負けるのか?
理由は、X打ちをすることで相手に隅を簡単に取られてしまうからですね。
では自殺行為のX打ち一例を少しだけ紹介しますね。

初心者も知っての通り、相手に簡単に隅を取らせてはダメです。
このあと白h8を起点にh7→h6… & g8→f8… と次々黒にされ、白壊滅です。

嫌々のX打ち

序盤から打ち合った末、相手に追い詰められ…
「X以外に打つとことが無いじゃん! オワタ\(^o^)/」
ってなるX打ちですね。
こんな事態になってしまっても大抵負けます。

この状態は、貴方の実力が相手より劣っている時に起こりやすいです。
ハッキリ言ってこの状態にされるのが一番悔しい!
逆にぶちかますと爽快である(爆)

嫌々のX打ち一例

黒h7と余裕手発射することで、次の白は嫌でもg7に打たなければいけません。
(白g7のように、ここしか打てないような手を「指定打ち」と言います。)
黒は楽にh8を取って勝負ありです!
余裕手発射については今後頻繁に出てきます。(もう既に述べているが。)

勝負のX打ち

上で述べた、自殺行為のX打ちや、嫌々のX打ちは、
もはや敗北状態って感じなのですが…

この勝負のX打ちは
 どちらが勝つか分からない。
 やや不利な状況を挽回する。
 波乱の局面を作る
   等等

と言った、最も神秘的(?)で、色々と奥深いX打ち

この先の予想が掴みにくく、傍から見てると一番面白い。
そこそこの実力を持つ者同士が対局し、
中~終盤まで勝負の行方が分からない時に、発動するケースが多い。
一例は、色々なパターンがありますので、辞めときます。

このパターンのX打ちを究めて行くことが、オセロ上級者への道とも言える。

④破壊力絶大のX打ち

貴方がX打ちすることによって、
相手はほぼ指定打ち状態で追い詰め、勝利を決めるX打ちのこと。

オセロを楽しむという意味では、勝負のX打ちをしたいものだけど、
ホンネはやっぱこれだよね(笑)
追い詰めて勝てるのが一番嬉しいし楽だもん♪

破壊力絶大のX打ち一例

代表的なのは、相手が、X打ちやC打ちしか出来ないような状態で
X打ちによってラインを自分の色で通す。
これで相手は、XやC打ちしかすることが出来ず、
こちらは楽々と隅を取れると言うもの。

以上、X打ちについて大雑把に説明しました。
もっと細かな打ち方は次以降をご覧ください。

次は、手どまりの重要性(X打ちVersion)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

X打ちの破壊力って?  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)