自分の邪魔石は相手に消させる。

邪魔石の定義をおさらいすると・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その石があるせいで、大量取りになったり、返す石がむき出しになったりと
悪手にしてしまう種石のこと。

でしたね。
覚えておいてー

ということで、自分にとっての邪魔石は出来る限り駆除すべき!
って言うより、相手に邪魔石を消してもらうように誘導しないといけない。

こちらの手に対して、相手にやや強制力のある指定打ちを迫り、
そのまま消してもらって自分はゴッソリ好手を頂くという筋です。

そのためにはどんな筋が強制力があるのか、身につけておく必要があります。
まあ、経験値ですけどね。

例えばこんなんです。
貴方は黒の立場です。

オセロ・自分にとっての邪魔石は消してもらう。
          黒番

ここで黒、上辺例えばd1辺りを何とかしたいと思いませんか?
下辺は黒壁だし、右辺(h3、h4、h5)にはマトモな手がないし…
どうにかして、上辺辺りで手数稼ぎたい!

だけどこのままでは・・・

こんな感じに大量に取ってしまいます。
このあと白にa2と打たれると、手数を稼がれ、逆に黒詰まります。

邪魔石がどれか分かりましたか?

スポンサーリンク

a4です。
この石を相手に駆除してもらいましょう。

黒a5によって、白にa3を迫ることができます。
なぜなら、白a3に打たなければ、黒がa7で辺確保し、しかもa3を余裕手にしてしまうからです。
これでは白はかなり手損してしまいます。
ってか負けます。

よって白はほぼ確実にa3打ち、a4の黒が駆除される。
d1が好手になります。
黒d1の後は、白c1に付け手されても黒b1で辺確保でき、白に手を渡せます。
下側の黒壁は白に破壊させることができます。

簡単な例でしたが、
今回のように辺を取らせる迫り方の他に、
天王山を出現させたりして、強制力を持たせることも出来ます。
色々なパターンがありますで。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)