実戦問題・終盤2:相手の好手を防げないこともある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぱっと見、相手にとって絶好手に見える箇所ってありますよね?
それを見た瞬間、何とかせねば!
と思うハズ。いあ思って当然。

しかし、何事も焦りは禁物ですよ。
そんな例題がコチラ。これも管理人が生で直面したものです。
貴方は白の立場です。

上級オセロ実戦・終盤2
          白番

どう考えますか?
8手くらい正確に読めれば、白勝ちを確信できる形になります。

スポンサーリンク

この盤面、黒c2がぱっと見好手です。
だけどここで焦ってはいけない!

もしここで黒c2に打っても、
白にはd1という返し技があるんです。
(白d1打つと右上逆偶数っぽく見えるけど、左上も黒から打てない3マス空きなので問題ない。)
ちなみに、黒がc2に打つまでは白決してd1打ってはいけない!
説明しなくてももう分かりますね。右辺黒がウイングだし。

この黒c2を邪魔するのは困難なのです。
なのでここは、見方を変えて…

このように下辺に打ちます。
c8に打ちましたが、f8でもOK。形は少し変わるけど、同じウイング形になる。
ここで重要なのは、左辺がウイングであること。

上のように打つことで、
白下辺を捨てる代わりに、手数確保とウイング狙いX打ちが出来ます。

このやり取りは一本道に進むと思います。
白c8後、黒はd8以外打たないでしょう。
(d8以外なら、次白c7が強力だから)

白b8以後は黒c2か、g7でしょう。
どちらに打ってきても後の流れはほぼ一緒なので黒c2の場合で見てみます。

黒先にc2打っても、順番が変わるだけです。

白はここでb7、X打ちします。

黒もc2の余裕手を持っているが、黒c2に打ってきたら、白d1です。
これで通ってしまった黒のホワイトラインも斬れます。
一方黒は白のブラックラインを斬れず、白勝勢です。

次の例題

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

実戦問題・終盤2:相手の好手を防げないこともある  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(上級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)