実戦問題・終盤7:種石や邪魔石をちゃんと見ると…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

局面によるが、
終盤大体4マス空きくらいになったら有段者はほぼ間違いなく最善手を打てる。
そんななか、こんな問題。
貴方は白の立場です。

上級オセロ実戦・終盤7
          白番

3マス空き。
っていうか白の打てる箇所は2箇所しかない。
これだと普通に考えて、石数数えれば問題なしなんだけど・・・

大事なのは考え方です('-')ノ

スポンサーリンク

正解から言うと、g2で白2石勝ち。
h7に先に打つと、引き分けになります。

初級者向けから何度も紹介してきた偶数理論通りに打つならば、
白h7に打ち、右上2マス空き状態で黒に先着、最後白が手どまり打ってしまえば良いんですが…
それでは石数が足りない。

ここでは白g2から打つことによってどんなことが起こるか調べてみましょか。

先にh7に打つと、e4にある白石が邪魔石として作用するんだけど、
先に白g2→黒h1のやり取りでe4を黒にしておくと、白はh7に打った時にc2、d3も取ることができる。
つまり2石分沢山取れるわけです。
よって先に「白g2に打った方が沢山取れるんじゃないか?」と考える必要がある。

ただ、これだけで判断しては行けない。
白g2→黒h1のやり取りでの石数変化と、黒g2→白h1での石数変化を比較も行わないといけない。

①白g2(白+3) → 黒h1(白-3) → 白h7(白+10)  つまり増減+10
②白h7(白+7) →)黒g2(白-1) → 白h1(白+3)   つまり増減+9

①の方が沢山取れることになる。
ましてこの局面、石数が僅差っぽくなりそうな数なので、
ここで適当に打っては行けない。
カウンティングと邪魔石消滅の両方を検討することになる。

なんて書いてると、終盤3マス空きでも、
割と重要だったりしたんで上級扱いにしました('-')ノ

10手以上読んで、結果+2を正確に判断するとか、
そんな問題ばっかりだとしんどいでしょ?(笑)

次の例題

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

実戦問題・終盤7:種石や邪魔石をちゃんと見ると…  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(上級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)