穴着手で、余裕手献上する場合の考察

連携でX打ちに繋げることあり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辺のやり取りしていると、天王山が出現する典型的局面
なので、その攻略法を押さえておきます。

では早速ですが、
おさらいになりますが・・・例題
貴方は黒の立場です。
「>>」で1手進めると解答が出ます。

これは中級者向けでやった、先着と同じです。
黒d1に打てば、白にg1、つまりウイング化を迫れます。
逆に黒ここに打たなければ、白が打ちます。
すると黒b1によるウイング化を迫られるワケです。
d1に先に打った方がかなり有利になります。

…おさらい、ココまで

スポンサーリンク

では、本題行きますでー
こんな局面だったらどうしますか?
貴方は黒の立場です。

オセロ・辺のやり取りからX打ちへ連携
        黒番

さっきと何が違うか、分かりますかね?
b3を黒に変えてみました。
これだけで、考え方が大きく変わります。

先ほど同様、d1に打つと…

白はg1でウイングするでしょう。
この時にb1が白余裕手状態になるの分かります?

先ほどと違うのは、白に余裕手を献上してしまう点です。

しかし、ここで黒は更に強力な反撃ができます。
b2ですね('-')ノ

これで白b1の余裕手が消滅してしまいます。
ウイング狙いX打ちなので、白は容易にa1に打てないのですよ。

ただしこの手筋は、
黒d1に打った場合、白がg1と辺確保すると仮定し、
次は即座にb2に打たないといけない場合が多いです。
打たなければ、先に白が余裕手を発射し、安定な山にしてしまいます。
白がすぐに、b1に打てない状況なら、黒もb2を保留にして構わないのですがね。

もう一つ例題ダ。

じゃあ、こんな局面。同じように黒d1に打つと、その先どうなるか?
貴方の頭の中で考えてから、「>>」で進めてください。

先と同じようにd1打つと、
白にウイングを作られた後、黒b2が大悪手になってしまいます。
これはウイング狙いX打ち・失敗版で紹介した、典型的失敗例。

つまり、黒は辺やり取り後、即座にb2に打つことができず、b1が白の余裕手となってしまいます。
黒d1が悪手でした。

では↑のd1失敗例。
どこに打つのが良かったのか?

d1は白にとっても好手なので、
黒はそのまま放置したくはない。

今回のような局面だとg3で、白のd1を消去できます。

NEXT:準備

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)