ボスコフ

自色の辺に1マスの穴、しかし相手は打てない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決まると3手分得出来て、ほぼ勝ちが確定するのですが・・・
ストナーや豆腐に比べると、打てる頻度がかなり低いボスコフ。
なので、「その他必殺技」としてカテゴライズしました(笑)

では具体的にボスコフとはどんなものでしょうか?
打てるパターンは殆ど決まっています。なので多少暗記で問題ないw

スポンサーリンク

一つの辺上に【 黒-空きマス-黒-白 】(黒視点の場合)
と並んでいるときに、相手が中辺の横取りをした場合に起こります。

例えばこんな局面、
先にこれを見てほしい。
仮にここで黒番の場合です。

この状況で黒h2に打つと、
h5に穴ができ、白にあっさり打たれてTHE ENDですね。

ではちょっと盤面変えてみる。
貴方は黒の立場です。
ここで白がg3に打ったとしましょう。

ここの白、なーんかg3が良さげな手に見えるんですね。
上級者はそうそう引っかかってくれないけど、
中割りを覚えたてくらいの初~中級者くらいだとついつい、g3に打つことある。

最初の例だと、黒h2に対して白h5に潜られれば、黒即死滅だったのですが、
白がg3に打った後だと、その状況が180度回転、白はh5に打つことができないので、黒の余裕手になる。
更に黒はこの後h7も余裕手と、合計で3手も得したことになります。
これは白がh5に打てるか打てないかの違いですね。

ちなみに白のg3は中割りではなく、中辺の横取りです。
h5がまだ空いてるので、中割りにはならないです。間違っても打たないように気を付けよう。

注意点
ボスコフを決められるタイミングは一瞬。

先ほどと同じものですが、
ボスコフをかませるタイミングは限られてます。

白がg3に打った直後のみしか決めるチャンスはありません。
もしここで、黒他に打つと・・・

白にh5に打たれると、
普通に辺確保を迫られる形になってしまいます。

もうひとつ、注意点

ボスコフは3手分得出来るので、
もし決められたら、h5を温存する場合もあります。

これはその後局面ですが・・・

間違っても、こんな手は絶対打たないように、気を付けてくださいね。

NEXT:C→B打ち返し

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

ボスコフ  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(中級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)