反撃されにくい1マス空きC打ち

相手が穴に打てない1マス空き付け手、C打ち版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

C打ちは危険度が高いと言われます。
が、だからと言って、打ってはいけないわけではない!
C打ちが好手になることだって珍しくはないです。

付け手した後、相手が穴に打てない場合は有力であることを
1マス空き付け手後、穴にも連打するにて紹介しました。

今度はそのC打ちバージョンです。
(C打ちの場合は穴に打てないんですがね。)
ほんの少しだけ難易度上げてみました。

貴方は黒の立場です。「>>」で1手進めてください。
まずは、白がf8に打ちます。
(ちなみに白f8は先着って手筋ですね。)
その後を考えてみてくださいね。

このあと、
黒どう打つべきか考えてみてください。

スポンサーリンク

正解は…
黒g8で辺確保してからh7です。

ちょっとした読みが必要なんですが・・・
黒g8で辺確保することで、e8、f7が黒になります。
この後黒h7に打てば、h5の穴には白が打てない形になります。

下辺を白に取られない限り、白はh5には打てないんです。
もしこの後の流れで白に下辺占領されるってことは、
h8は取られていると思うので、その時は黒h5に潜ればよろしい。

黒h7のC打ちは、
白にh5に打たれない限りは安定です。

逆に打たれてしまうような状況だと、上と比べて不利になりやすい。
相手に穴に打たれてしまうと、半強制的に山にされてしまうので、
その後の合わせ技を決められやすくなります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)