ハイパー偶数化

?黒持ちのファイナルアタック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイパー偶数というものを聞いたことがあるでしょうか?
簡単に言うと、こういう状態。

オセロ・ラインの復活
   黒番・右下黒から打てない4マス空き

自分から打てない偶数空きを作ってしまうことです。
偶数空きには、できるだけ先着したくないものである。
これは偶数理論を参考にしてください。自分は奇数空きに先着した方が良いってことですね('-')ノ

スポンサーリンク

そこで、自分が打てない偶数空きを作るとどうなるか?
自分が打てないのだから、相手から打つことになる。
具体的にはこんなんです。

特に黒持ちだと、途中パスが無い限り、最後は白に手どまりを打たれてしまいます。
しかし、黒が打てない偶数空きを作ることで、
それ以外の全てを埋めたあと、黒にパスが起こって、白から偶数空きに打つことになるので、
最終的に黒が手どまりを打てます。

黒の立場で考えると、打ってる数はお互い2手ずつであっても、
黒→白→黒→白の手順よりも、白→黒→白→黒
と打った方が、沢山石を残せる場合が多いです。

では、もしハイパー偶数化しなければどうなるか?

結局偶数空きに黒から先着することになり、
白に手どまり打たれるので石数稼げないです。(白4石勝ち)

やや番外編だが、
こんな局面はハイパー偶数化はできません。

これは、予約という筋。
ハイパー偶数を作っても、相手に余裕手が存在していると、
上のような手どまりで終えることはできない。

ここでは黒から打てない4マス空きを作りましたが、
4マス空きだけではなく、2マス空き、6マス空きも考え方は同じです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

ハイパー偶数化  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(中級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)