2辺がピュアブロックの場合のTOF

この場合のX打ちは超強力です。ライン通しでなくてもOK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOFの発動条件
「まずは、X打ちするのですが、この時ラインが通ること。」
なんてことをTOF基本技にて言いました。

しかしここで紹介するTOFは、ラインが通っていても、通ってなくてもOK

爆弾がある場合で紹介した
ピュアブロック&自石内側爆弾形(TOF成立&強力形)
これよりも更に強力です。

スポンサーリンク

まあ、まずはピュア-ピュア型の中で、一般的なやつ。

何が違うか?なのですが…
最後黒が打ったa7、これは余裕手になるんですよ。
盤面、もっかい見てみると分かりますw

基本形で紹介したケースだと、
最後の手どまりは相手も打てる天王山状態にあるので、即座に打たないといけないが、
コチラはその必要がない。
特に終盤まで温存すれば、勝率は劇的に上がる!  おめでとう!

もひとつ強みあり。C打ち自体放置しても良い。

相手にラインを斬られても、すぐC打ち付け手をする必要が無い。
むしろ、先に相手に隅取らせちゃいなよ('-')ノ

相手がラインを斬ってきて、即座にC打ち付け手をしなくても良い。
相手が隅を取ると、コチラはa7b8の2箇所を余裕手にすることができる。
余裕手は1個でも十分強いので2個あるとほぼ勝負着くくらいです。
更にa列&8行両方とも、白石の中に黒をめり込ませたので、終盤も非常にやり易い!

大変ゆとりのある打ち方ができますね('-')ノ

これを考えると、
コチラがX打ちした時点でラインが通ってなくても良いんですよ。
相手がすぐに隅を取っても、2箇所余裕手出来るんですからね。

ちなみに相手が上級者だと、隅には打たない。
こう打つと思われます。

ピュアブロックを2個も作ってしまった時点で、TOFはほぼ約束されたようなもの。
上級者の考えは

せめて手数は稼いでやんぜ!
ってことで、黒のX打ちに対し、隅ではなくCに打ちます。

こうすると、白も4マス空きに2手打つので、
黒にとって2手分得できるTOFは成立しなくなる。
ただ、黒はa2、g7がほぼ余裕手であり、
ここに打てば結局確定石を増やせるので、黒も殆ど問題にはならないですけどね。

ぶっちゃけ、同等レベル同士の対局で、
ピュアブロックを2個も繋げてしまうと、ほぼ勝ち目はなくなります。
って言うか上級者はダブルピュアブロック自体そもそも作らないがww

NEXT:5マス空きを狙う豆腐

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)