ライン通し(勝利確定)X打ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

X打ちは「永遠のナゾ」とか言われますが、
打つタイミングによってその威力が全然違います。大きく分けて4段階。

①無謀のX打ち
 →初心者が序盤に何も考えず打つ。大抵負けます。
②嫌々のX打ち
 →打ちあいの末、詰まれてしまい仕方なく打つ。これも大抵負けます。
③勝負のX打ち
 →形成がやや優勢~互角~やや劣勢、つまり混戦の時に打つ。
  いわゆる勝負手。観戦してる時はこれが一番見たい。
④勝利を決めるX打ち
 →このX打ちにより相手を完全に追い詰め、勝利をもぎ取ること。
  「ブラボーのX打ち」ともいい、自分が決めると爽快。

X打ちのタイミングを見極めることで、オセロの棋力が世界レベルにもなります。
なんて、ちょっと言い過ぎましたねw

本当に強い人は、皆が驚くようなタイミングでX打ちしたりしますよ。
とは言っても、ここは初級者向け、まずは簡単なやつから。
ここでは④勝利を決めるX打ちについて、基本的な技を紹介します。

では…
貴方は白の立場です。

オセロ・ライン通しX打ち
        白番
スポンサーリンク

正解はg2ですね。

このg2によって、ブラックラインが白で通ります。
(このことをブラックライン通し、或いは単にライン通しと言います。)
この状態では黒h1に打てません。
黒h1に打つためには、g2以外の赤枠(ブラックライン)のうちどこかを黒にしないといけません。
このことを、ブラックラインを切ると言うのですが…

この局面では、
黒はブラックラインを切ることができません!
打てる箇所がb2、g1、g7しかなく、どこに打っても白は隅を取ることが出来ます。

このように、相手にラインを切られることなく、
しかも相手の打てる箇所がもはや嫌々X打ちとか、嫌々C打ちくらいしかない場合に
Xに打つとそのまま相手を手詰まりに出来ることが多いです。

では、先ほどの局面で白g2以外に打つと…

逆に黒にX打ちされてしまいます。
しかも残念なことに、白上辺にウイングを作ってしまっているので、
h1を取ってしまうと黒にg1に潜られ、a1も取られてしまいます。
結果、負けます。

つまり白は図1のタイミングでX打ちをすべきだったと言うことになります。

こういう場合はライン通しX打ちはダメです。

X打ちでライン通しをかましても、
相手に簡単に切られてしまうようではダメです。
この場合、黒がh1を取り、そのままh8にも打たれて黒確定石を増やします。
白に勝ち目がありません。

最後に「ライン通しX打ち」の条件をまとめておきますね。
①自分がX打ちをしたときに斜めラインが自色で連続していること。(=ライン通し)
②そのラインの間を、相手の色に変えられない(ラインを切られない)こと。
③ラインを切られても、次自分の手によってすぐ自分の色に戻せ、数手先では相手を詰められること。
  (ラインの復活と言います→中級以降)。

もう少し詳しく、ラインの通し方を学んでみよう。結構重要ですからね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)