余裕手発射のタイミング

すぐに打てば良いというものではない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

余裕手は貴方の好きなタイミングで1手分得出来る手。
好きなタイミングで打てるため、状況によっては保留にした方が良い場合もあります。

ではいつも通り具体例
貴方は白の立場です。

余裕手発射のタイミング
          白番

ここで白の余裕手がどこかは分かりますか?

スポンサーリンク

b8ですね('-')ノ
このb8ですが、今すぐ打つべきか保留にすべきか?

左辺は白が山を作っています。
右辺は黒壁で覆われていて、このまま追い込めば黒を手詰まりに出来そうですね。

でわ、
すぐにb8に打った場合、こうなります。

右辺に手を出さないといけない!
ここで黒番だったら完全に手詰まりだったのにね。 残念。

優劣では、黒上ウイングになった分だけ、将来的に白g2で攻められるが、
ミスをすると負けることもあり得ます。

ではさっきの話。b8を保留にしてみようか。

こうやって打てば白余裕手を温存しつつ、黒嫌々X打ちしかできなくなります。

先との違いは上辺に打つか打たないかです。
ここで挙げた例は
A打ちに対しAで付ける」って形

この形に対し、次に中2マス(B打ち)に先に打った方が、
辺を確保することになるが、手数は稼げるってことに気付いただろうか。

後者のようにb8を保留し、上辺に打つことでウイングを作ってしまうものの、
余裕手のおかげで相手のウイング狙いX打ちを受けても大丈夫。

実際の対局では、こうやって手数をお互い数えていきながら、
どこで余裕手を発射すべきかを見極める力が必要で、これが正確な人ほど強いです。

次は、完全勝利のX打ち(ライン通して勝つ)手筋を紹介するー。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)