実戦問題・終盤1:当然○○ではない事もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

では例題行きましょう。

貴方は黒の立場です。
「>>」で1手進めてください。
白がd1に打ちました。黒どう対応しますか?

スポンサーリンク

上辺は白がC打ちをしている片方C打ち形ですね。
これ、白からd1に打つと言うことは、
黒にh1を献上しているようなもの。

だけど、この問題、引っかかってはダメでですよ?
h1に打つと負けます。
黒即h1に打つと次のようになる。

これで、白g2→h2と連打になってしまいます。
手数稼がれた上にh8まで取られてしまっては、黒敗北濃厚です。

ここは白d1に対して、何か手立てはないのか?
と考えないといけない。
ちなみに黒放置すれば、白にb1打たれて、
これも手数稼がれる上にピュア山にされてしまいます。

白にg2を打たせないようにしつつ、次の黒の手で白を強制力を与える手。と考えれば、
黒d8が思いつきます。

d8によって、白はb8に半強制着手になります。
これでd5の白種を消したため、白がg2に打てない状況で黒h1に打てます。

流石に、白にh2は取られてh8も取られますが、
白h2後、黒g2に手どまり打てるし、白h8後に黒g7も手どまりが打てます。

手どまりが打てるか、連打されるか。
この違いは大変大きいですよ。

手筋メモ
片方C打ち形
連打
消去

次の例題

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

実戦問題・終盤1:当然○○ではない事もある  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(上級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)