実戦問題・中盤5:大雑把ではなく1石1石正確に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここに石を打つと、相手はここに打ち、次自分がこう打てば…
おおよそ石の配置はこんな感じになる。
オセロの実力が付いてくると、そうやって数手先の局面まで読むんですね。

ココで問うのは、
数手先の局面までどれだけ正確に読めるか?

更に実力が付いてくると、
大体こんな感じの盤面になるはず」から、「このマスは黒(or白)になる。
といった具合に石の黒白を1マス1マス正確に読むことになります。
これによって、読みの精度が上がってくるもの。

では、こんな局面。
貴方は黒です。

上級オセロ実戦・中盤5
          黒番

ぱっと見よーわからん局面ですが、
黒上手く打てば、7手で白を詰められます。
では、考えてみましょうか。
分かりにくくても、少し時間掛けてみよう。

スポンサーリンク

正解はこちら。
「>>」で進めてください。

正解は、
黒h5→白c6→黒h2→白h7→黒a3→白a7→黒b7
(黒h2の部分、先に黒a3に打って、白a7のあと黒h2でもOK)
これで完全に息の根を止められます。

最初のh5がやや分かりにくいかな?
白にc6を献上してしまいますが、黒e2-h5のミニラインが通るので、
白はd1に打てなくなります。

次に、黒h2→白h7のやり取りによって、白に右辺にこれ以上手が出せない状態を作る。
続けて黒a3、白にa7を強制させ、邪魔石として作用させます。

トドメはb7ですね。
これでラインを通せます。

ここまで読むには、慣れも必要です。
最初のうちは時間掛けても良いと思う。

すぐに正解を見るのではなく、じっくり考えてみるのも良いかな?

ちなみに初手a3に打ち、白にa7強制で山にし、
続けて黒d1→白g1でウイング化はどうよ?

黒b2・・・は上手くいかない。黒b2打てず、白に先にb1取られてしまいます。
結果紛れます。

次の例題

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

実戦問題・中盤5:大雑把ではなく1石1石正確に!  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(上級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)