2層分離型狙いX打ち・失敗版

たまにミスって逆さま(?)に打ったりするので要注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今度は、微妙ではなくて、打ってしまうと死ぬパターンです。
貴方は白の立場です。
次の2局面、いずれもb2に打つものとします。

Case1
X打ち
Case2
X打ち

どちらが好手で、どちらが悪手か判断してください。

スポンサーリンク

図1と2を見ると、黒白の配置が逆転していますね。
正解はCase1の方でした。こうなるはず。

この配置が逆転した、Case2で同じように打つと、

これだと、黒にa7と打たれてしまうと、左辺は黒の確定石になってしまいます。
Case1だと、黒石の間に白石がめり込む形になり、これが後々威力を発揮するんですが、
Case2ではそれが完全に消されてしまいました。
左辺が真っ黒になってしまっては、白攻撃のしようがありません。

この手のミス、実は上級者でも疲れてたり、怠けて打っていると、やってしまいがちである。
よく打った後の盤面を考えて打ってくださいね('-')ノ

失敗例その2

こちらは、微妙なウイング狙いX打ちとよく似ています。
4マス空きを狙うX打ちです。

黒a1と打った後、白a2に潜ると、b1が黒の余裕手になります。
4マス空きを攻めてしまうとこうなり易く、
コチラはウイング狙いと違い、白a2に潜っても、a8が取れるわけではありません。
あくまで手数を稼ぐ手筋なので、これでは、黒に余裕手を献上しただけになります。

このような場合、白はb2ではなく、素直にa7に打ちウイング化する方が良いです。

ウイングを作っても、黒は容易にb2には打てません。
4マス空きですからね。
もし打ってきても、今までのような流れだと、
白が最後余裕手を残すことができるので、有利に運ぶことができると思います。

失敗例その3

これは、ウイング狙いX打ち・失敗版のものと良く似ています。

白がb2にX打ちした際、(2層分離部分から見て隣の)中辺が白で連続していると、
黒はa1ではなく、a2に打ちます。
これで黒はb2を取らないで済むので、黒a1も続けて打つことになります。

これが、白がやってはいけない最悪の失敗です。
やられると勝ち目はほぼなくなります。

次は少し話を変えて・・・双方C打ち形狙いX打ちを見てみよう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

2層分離型狙いX打ち・失敗版  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)