効果的なウイング狙いX打ちとは

ちょっと色んなパターンやりますよ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここを読む前に一つ前のウイング狙いX打ちを読んだ方が良いです。
この項目は前回の延長ですからね('-')ノ

もう読んだよー
って方は、どうぞ歓迎です\(^o^)/

おれ有段者ですが何か?
って方は好きにして下さい(´・ω・`)

前のお話で「ウイング狙いX打ち」を説明しました。
じゃあ、ほんの少しだけ難易度を上げてみましょう!

問題!
相手がウイングを作ったら、すぐにX打ちをした方がいいのか?

スポンサーリンク

答えは「×」ですね('-')ノ

相手がウイングを作っていたとしても、隣接する辺&中辺の配置によって、

  • 打って得する場合
  • あまり得しない場合
  • 即死する場合
  があります。

↓↓↓ このすぐ真下で紹介します ↓↓↓

ウイングに対するX打ちは、
隣接する辺&中辺の配置によって、主に以下の5通りあります。

ここでしきりに「手どまりを打つ」、「手数」という言葉が出てきますが、
手どまりの重要性(X打ちVersion)でも書いたとおり、手どまりを打つことは重要です。
ではでは、順番に・・・

最良のX打ち

実はこれ、前回のウイング狙いX打ちで使ったネタと同じ (汗)
一番良いパターンです。
これだけ見るよりも、この後に続く、微妙・不利なX打ちと比較すると良く分かります!
貴方は黒の立場です。

このように白にはa1の隅を取られてしまいます。
でもその直後に黒b1に潜ることによって、
黒はいつでも好きな時にh1の隅に打つことが出来るようになります。
理想のX打ちですね。

微妙なX打ち①

先ほどのX打ちと何が違うのでしょうか?
空きマス数ですね。
さっきは3マス空きだったけど、今度は4マス空きです。

「最良のX打ち」同様に、白a1と隅打った後、
b1へ潜りこめば、h1を頂くことは出来ます。
しかし、a2は最後相手に手止まりを打たれてしまうため、
盤面左上は相手の石が多く残ってしまいます。
そして次は黒の番になります。下の白壁を崩さないといけません。

実際上の局面、黒a1後に白a2はすぐに打たなくて良い。
白しか打てない余裕手なので、他に打てる箇所があるなら、
ここのa2は放置することによって黒に圧迫感を与えます。

ウイング狙いX打ちから黒h1は取れますが、
それ以上に白にも利点が出る場合は、あまり良いX打ちとは言えないです。

今の2パターンだけで、何か気付きませんでしょうか?
ウイング狙いX打ちは、4マス空きよりも3マス空きに打った方が良いです。
偶数理論と考え方は一緒ですよ」とどこかで言いました☆

しつこいですが、オセロでは打てる箇所数が多いほど有利
3マス空きに打つと、自分→相手→自分と打って、先に下側に打つのは相手になります。
上の局面だと、白b7しかない。(これが嫌々X打ち)
黒はa8が取れますね(本当は先にg6の方が良い)

でももし4マス空きに打つと、
自分→相手→自分→相手と打って、先に下側に打つのは自分
(黒)になります。
すると、下側を覆っていた白壁は、黒の手によって崩れてしまい、白の打てる場所が増えてしまいます。

3マス空きに打つか4マス空きに打つかで、戦況は大きく変わります。
その違いを知ってほしかったのでした♪

微妙なX打ち②

次は3マス空きに打つのですが…
左辺が自色のケースですね。

3マス空きに対して打つので、白が隅を取った後、黒b1で左上は手どまりを打てるのですが…
白にはa7がいつでも打てる状態になってしまいました。

「最良のX打ち」の場合をもう一度見てもらうと分かるのですが、
a列を白が取っているため、a7は打てません。1手分の損得が発生するのですね。

まとめると…
左辺を自分が取っているか、相手が取っているかで変わってくると言うコト
自分が取っていると、今回のように相手の手数が増えてしまいます。
Step1で辺は取り過ぎない方が良いと言ったのはこれも理由の一つです。

不利なX打ち

では最後に、上の微妙なX打ち①&②の複合版。
悪い点だけを合わせたものです。
4マス空きだし、左辺は自色(黒)・・・あとはお察しください。。。

黒b1に潜ってh1を取れる点は同じですが、
白a2が余裕手になり、さらにa2後a7まで余裕手になると言った
実質2手分の余裕手を献上してしまいます。

同じウイング狙いX打ちでも、
ここまで相手に余裕手を献上してしまっては意味がありません。

結構長かったですが、このようにX打ち自体が良い場合と、良くない場合があります。
だからすぐに打てば良いと言うものではない。

相手がウイングを作った場合、主に隣接する辺を上手くやり取りして、
如何にして手数を稼げるX打ちに持って行けるか?
その辺がオセロ上達への道とも言える。

即死するX打ち

これに加えて、即死するX打ちもあります。
ウイング狙いX打ち・失敗版(NEXTページ)をご覧ください)
あとは…慣れですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

効果的なウイング狙いX打ちとは  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)