辺は取り過ぎない方が良い

次から次へ辺を取っていくと、後々不利になる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者によくありがちなのが、を次々と取ることです。
以下、当サイトでは辺を自分の色にしてしまうことを、「辺を確保する」と言います。

結論から言いますと、辺を取ることは、後々不利になる場合が多いです。
(管理人も昔はよく辺の取り合いをしていました)

スポンサーリンク

恐らく辺をとる理由は次のとおりでしょう。
辺をとってしまえば、
例え相手がその隣に置いてを奪いに来たとしても、
次の自分の番でその石を取ってしまえば、
は維持できる。
つまり、辺にとった自分の石はなかなか変わらない。
以下にその一例を示します。

白:やや打ち慣れた人 VS 黒:初心者

黒が辺着手に対して、白が辺を取り返そうと隣に打ってきましたが、
黒はすぐさま白の手を消すように辺を取ってしまいます。
このように打つと、下辺は黒を維持しやすい。

これが初心者の考えなのですね。
実際は、相手の辺打ちからすぐ隣ではなく1マス空けて打つ方法もありますが…

とにかく初心者は辺を取りたがる。
そのため、白e7と辺の一つ内側に打ちましたが、
初心者はこれに敏感に反応して辺を取ろうとします。

しかし辺を取ると、終盤不利になりやすいです。

この下辺の黒は確定石ではありません。
いくら辺をものにしたからと言って、その隣にある隅(ココで言うとa8やh8)を取られてしまうと、
築きあげた辺は奇麗さっぱり消えてなくなります。
そして、相手の確定石となってしまいます。

先ほどのやり取りから数手進んだものです。

黒が取っていた下辺は、白に隅(h8)を取られると、
そこを起点に次々辺が白に変わっていきます。

下辺はもう白で確定です。

このように、辺を沢山取ってしまうと、
相手に隅を取られた時の被害がばかでかくなってしまいます。
従って、辺は出来るだけ相手に取らせた方が良いでしょう。
これより、辺の一周内側に打たない方が良いという考えは持つ必要がないのです。

実際は、すべての辺を取ってはいけないというわけではありません。
目安としては、4辺のうち1辺は取っておくくらいが良いです。

全部の辺を渡そうとするとどうなるか?

実践で試してみてください。
恐らく、逆に打つ場所がなくなり、嫌々X打ちしないといけなくなると思います。
それに相手を追い込みにくいです。

隅が容易に取れなくなる。

もう少し慣れてきてから詳しく話そうと思いますが(Step2初級辺り)、
辺を確保してしまうと、相手がX打ちしても、こちらは容易に隅を取れないケースが出てきます。
簡単な一例ですが

黒は下辺と右辺を両方とも確保してしまいました。
上の様な流れにおいて、白のX打ちに対して黒のh8はあまり良い手ではないです。
隅を取って負ける典型パターンなんですけどね。
詳しくは貴方がもう少しレベルアップした頃に教えますね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

辺は取り過ぎない方が良い  (記事冒頭へ)
オセロの勝ち方・コツ(初心者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)