爆弾がある場合のTOF

爆弾の構造によって変わるので場合分けするよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで紹介するのは、X打ちした場所に隣接する2つの辺、
ここがブロックと爆弾形の場合におけるTOFの打ち方です。

爆弾には、自石が内側にあるものと、外側にあるものの2種類に分かれる。
またブロックも通常ブロックとピュアブロックに分かれる。

全部で4通りのパターンがあるんです。

このなかでTOFを成立させられるもの、
より安定形で成立させられるもの
不成立なものを先に区別します。



其々について、実際に打ってみましょうか。

スポンサーリンク

①ピュアブロック&自石外側爆弾形(TOF成立)

相手のピュアブロックがあれば、基本的にTOFは成立します。
実際に打ってみると分かる。

黒b7に打った時点で返した石はc6のみですね。
これは下側が白ピュアブロックなので、黒b7後、c7方面の石は取らなくて済みます。
その結果、黒b8打つ際はc7を取ることになるので、4マス空き中3マス取ることが可能です。

②ピュアブロック&自石内側爆弾形(TOF成立&強力形)

こちらは左辺の爆弾が自色内側のケース。
こちらは黒はより有利である。その理由もここで。。
このケースは2つ紹介します

TOFの失敗例において、C打ち付け手をした後に、
再度ラインを通してしまうと、相手が隅に打ったときにコチラは手どまりが打てなくなり壊滅。
という例を示しました。

それと打ち方は一緒なのですが、
今回は左辺が自石内側爆弾形、つまり相手石が外にあるため、
この石を取ることで手どまりを打つことが可能になります。
その分失敗しにくい。

もう一つ、
この形はX打ちによってラインが通らなくても良い!
いや、むしろ強力です。

↑のように、白が隅に取ってきた場合、
a7に打てば爆弾外部にある相手の白のみを取るので、このままb8は黒の余裕手になります。

しかも、1辺は相手に献上する通常TOFに対して、
こちらは2辺共相手の石中に潜り込むので、最終的な確定石もよく増える。

③ブロック&自石外側爆弾形(TOF不成立)

今度は下辺がピュアではなく、通常のブロック。
さらに爆弾は自分の石が外側にある場合です。

このような場合は、b7後に黒b8もa7も打てなくなってしまいます。
よって黒から手を出せない3マス空きとなってしまい、
白に奇数空きに先着されてしまうので失敗です。

④ブロック&自石内側爆弾形(TOF成立)

下辺がピュアではない普通のブロックだが、
左辺が自石が内側にある爆弾の場合はこうなる。

下辺がブロックの状態で黒b7に打つと…
c7も取ってしまうので、これで黒は次にb8に打てなくなる。
しかし白が外側にある爆弾のおかげで、黒a7は打つことができる。
これで白は隅に打ってきたならば、残る1マスに手どまりが打てます。

一応この4パターンが代表的。
最初は慣れにくいが、これは盤面を暗記するのではなく、ちゃんと理由づけで覚えた方が確実('-')ノ

NEXT:2辺がピュアブロックの場合のTOF

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)