TOF(豆腐)とは何か

Three of Four
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どう見ても読み方は「豆腐」しかし何も関連はない。
↑の通り「Three of Four」
終盤にできる4マス空きに対して、自分が3箇所に打つ手筋のことを言います。

4マス空きに打つことは、偶数理論の考えに反します。
ただしTOFを発動させれば、4マス中3マス打ち、相対的に2手分得できるため、
偶数理論よりも破壊力があり、不利な状態からを一気に逆転することも出来ます。
(偶数理論は1手分得です)
発動頻度もストナーより高いので、是非覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

ここではよくある打ち方のみを紹介。
別ページにて色んな手筋について紹介します。
TOFが成立する基本的な条件も
パターンによって少し変わってくるので、各項目毎に紹介します。

では基本的な打ち方のみここで紹介しましょうか。

まずは、黒b7へX打ちをします。
この時点で白はa8には打てません。

白がa8を取るためにd1でラインを斬ります。
ラインを斬られたらすかさず、黒b8です。以下C打ち付け手と称します
必ずラインを斬られてから打つこと!(理由はTOFの失敗例参照)
そうすれば白a8と隅を取った後黒b7へ打つことができ、
これで4マス空き中、3マスに着手したことになります。

以上がTOFの基本例です。
TOFには何通りかありますので、
発動できるかどうかは辺の形をよく見る必要があります。

次で、TOFの基本と発動の条件を詳しく書きます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)