C打ちの価値は?

これもX同様、場合によって破壊力に雲泥差
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

C打ちすると、隣に隅があるため、取られてしまう危険性がある。
ただし打ち方によってはX打ちと同様、こちらにプラス効果をもたらすこともある。
その基本について触れてみよう。

X打ちに4パターンあったように、こちらも分けて見ましょう。
その方が分かりやすいでしょ?
X打ちの破壊力って?に書いてますφ(・ェ・o))

スポンサーリンク

単独C打ち

一つの辺において、まだ石が置かれていない状態で、
最初にいきなりCから打つこと。

絶対ではないけど、その時の局面や相手の処理によって、
隅を取られてしまう可能性が高いです。

なのでこれを行うときは、
隅を取られても良い場合とか、手数等で得できる場合に、よく考えて打つべきである。
意味もなく打つのは大体悪手。
詳しくは単独C打ちは危険?をドゾ

嫌々のC打ち

他に打つところが無くなり、
次の相手の番で簡単に隅を取られてしまうようなC打ちです。

嫌々X打ち同様、上級者VS初心者で対局するとこの状態になることがある。
正直のところ嫌々X打ちよりこちらの方が絶望的な負け方するかもしれない。
詳しくは嫌々のC打ち(敗北モード)をドゾ

辺やり取り中でのC打ち

ここ初級者向けで既に色々と紹介してきましたが、
ウイングから山へ、余裕手発射する際のC打ちであったり、
双方C打ち形にするため、
手数を稼ぐため、1マス空き付け手でCに打ったり…
辺やり取り中でのC打ちで再度おさらいしました。

相手に隅を取らせるC打ち

これは、相手に隅を取らせた後、有効な反撃を行うために仕掛けるC打ちのこと。
よくあるのはC打ちする→相手が隅を取る→ウイング攻撃と言ったケースかな?
詳しくは相手に隅を取らせるC打ちをドゾ

潜るC打ち

これは既に初級者向けの至るところで紹介してきた、
○○狙いX打ちからの連携技ですね。
相手が隅を取ったら残り1マスのCに潜って手数を稼ぐ基本的な攻略法です。
ウイング狙いX打ちブロック狙いX打ち爆弾狙いX打ちがメインです。

順番に進むと、次は単独C打ちは危険?になります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)