良くない1マス空き付け手

その空いた1マスを貴方が処理できるかどうかがミソ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時点で、付け手1マス空き付け手というものをやりました。
1マス空き付け手ですが、名前の通り、
相手が手を出した箇所と、そこから1マス空けて打った箇所の間に、穴ができます。

この穴が自分にとって有利に働く場合ほど、1マス空き付け手が好手になりやすい。
逆に相手に有利に働くほど、こちらが打った1マス空き付け手は悪手になりやすい。

ではまず、こんな例を見てみよう。
まずは2手だけ進めたところで、付け手するべきか1マス空き付け手をすべきか、
少し考えてみてください。貴方は白の立場です。
 黒がh6と辺に打ってきたので、貴方はh4と1マス空き付け手を試みました。
この手をどう思うか、対する黒の予想できる手も考えてみてください。

スポンサーリンク

ってか表題に「良くない1マス~」って書いた時点で丸分かりでしたね。笑
この1マス空き付け手は、悪手ですね。

打った後にできたh5の穴。ここが黒にとって好手だからです。
ここに打たれてしまうと、白はh7着手を迫られます。

白h7を放置すると、黒はh3の変確保で手数稼ぐし、
白h7に打つと、黒にはh2が余裕手になる。

といった具合に右辺で白打ちにくくなります。

先ほどの局面は1マス空き付け手ではなく、通常の付け手をすべきでした。
 通常の付け手だと、こうなります。

白はこのように付け手をしてやることで、黒にh4を迫れます。
もちろんここで黒がすぐにh4に打ってくれるかどうかは分からない。
だけど打たないならば、別の場所に打たなければならない。

それは黒の打てる箇所数を減らすことができるんですね。

では、もひとつこんな例題。若干応用ですw
白の1マス空き付け手が↑の例と比べ好手か悪手か?
まずは2手、1マス空き付け手の所まで進めて、その後の黒が穴に打つ場面を考えてみてください。

白1マス空き付け手に対し、黒は穴に打ってきましたが、
ここで先ほどとはちと違う。
黒h5によって、白はh3に打てるようになりました。
これが白にとって好手であるため、黒は穴に打つことが良くなかった。
つまり白の1マス空き付け手は好手だったことになります。

ここまでで、付け手と1マス空き付け手、そして良くない版もやりました。
では、いづれも悪手になる場合の対処方法として
相手の辺打ちに対し、放置するという対応を紹介。
まあ名前の通り、放置するんですがねw

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

良くない1マス空き付け手  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)