付け手

相手に辺確保させるつもりで、隣に貼りつく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の辺打ちに張り付くように打つことから、
 粘着とか言うネットスラングまで想像しそうですが…(笑)オセロでは重要な手筋なので是非身に着けてくださいね。

この先超重要になってくる、辺の打ち方である、付け手
実際にはどういうものなのでしょうか?

少し考えてみてください。
貴方は白の立場です。黒が辺に打ちました。

スポンサーリンク

付け手の定義らしきものを言っておくと…
相手が辺に手を出した時、その隣などに粘着するかのように打ち、
相手に辺確保を迫る。

もし相手が辺を取らなければ、自分が辺を取って手得を狙う手筋。

「相手の隣に打つ」って言うのは、
自分も辺で手数を稼ぎつつ、辺を取ってもらうためです。

 

ってことで正解です。数手先も見てみよう。

黒がc8と辺に手を出してきた場合、白はd8と隣に打ちます。
これが付け手です。
このあと、相手はおそらくe8と打つでしょう。
(黒が上級者でも多分e8に打ちます。そうしないと手損するから)

ではもし、最初図2の黒c8後、白が付け手をしなかったらどうなるのでしょうか?
多分こうなります。

付け手をしない場合、黒は辺打ちを連発してきます。
(ここでは黒d8と打ったけど、f8に打たれる可能性もある。)
相手に辺を取らせることは良いことなのですが、

この間に白はg4という手を打ち、盤面上側の白壁を作ってしまいました。
さらに黒d8のあと、また白はどこか手を探さないといけなくなります。

ってかここはもう白e8と付けるしかないですが、これも付け手を拒んで上側に打ってしまうと、
黒は更に辺に連続して打ちます。

すると、白はまた上側に打たないといけなくなります。
c3-f3の黒4石の壁を潰してしまい、白壁が出来上がってしまいます。
つまり、白は打てる場所が少なくなる。

相手に辺は取らせた方が良いのですが、
ずっと取らせっ放しにすると、貴方の手数自体が減ってしまい不利になります。

なので、付け手が出来る場合は
出来るだけ行った方が良いです。
こちらも辺で手数を稼ぎつつ、最終相手にとってもらう。
これが理想。

付け手を行って黒に辺確保される場合と、付け手なしに黒に辺確保される場合は
上下の図を見るとその違いが出ています。
付け手をした方が、しないものに比べて
白はb4、g4の2箇所がまだ打てる状態になっています。
 この差がとても大きいんですよー。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

付け手  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)