双方C打ち形狙いX打ち:微妙版

やっぱりある微妙X。空きますの数え方知っておこう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイング狙いX打ちや、ブロック狙いX打ち、爆弾狙いX打ち
色んなX打ちやってきました。

そして、微妙なX打ちもやりましたね。
↑の3つはいずれも共通して4マス、つまり偶数空きに打つことはあまり良くない。
と言いました。

見直したい方はこちらから

スポンサーリンク

双方C打ち形も同様に4マス空きに打つのはよろしくないです。
ただ、ちょっと勘違いしてしまう可能性があるので、ここはしっかり頭に叩き込んでおこう。

この局面。貴方は黒の立場です。

オセロ・双方C打ち形狙いX打ち:微妙版
          黒番

これ、黒はg7、X打ちを狙うものとします。
ここで空きマス数の数え方なのですが…

オセロ・双方C打ち形狙いX打ち:微妙版
       右下4マス空き

空きマス数は、双方の間にある穴もカウントします。
なのでこの場合は4マス空きになります。

実際に黒g7に打った後は、次のような流れになります。

基本的に4マス空きだとこのように、
双方の間にある穴に潜ることができて反対側の隅を取れるのですが…
相手に手どまりも打たれます。
双方の穴も、空きマス数として数えた上で、X打ちするかどうかを十分に検討しよう。

次は完全な双方C打ち型狙いX打ち・失敗版ですよよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

双方C打ち形狙いX打ち:微妙版  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)