オセロ用語・な行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オセロでよく出てくる用語とその意味を載せています。
こちらは「な行」になります。

【 数字・abc あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行・ら行・わ行 】

スポンサーリンク

長尾バッファロー

斜め取りからの進行で,黒5手目でいきなりXに打つ進行。(=暴走牛定石)
オセロの調子が異常に悪い時は、打ってみるといいかも?(謎)

中割り

置かれている石の内側の石を返すことにより、自分の手数を増やし、相手の手数を殆ど増やさない序盤~中盤の重要な手筋。

中割りを消す

相手が中割りしようとしている手を打てなくすること。 消去とも呼ばれる

斜め取り

白の最初の選択肢である。縦取りに比べ、早い段階で辺に手をつけることが多い。

並び取り

白の最初の選択肢である。縦取り、斜め取りに比べ3手目の黒に早速中割りをされることから、白不利になる。
あまり打たれないが、上級者でこれを打つ人がいたら、絶対研究済みなので慎重に。ちょっとのミスですぐに追いつかれます。

難局

最善手が非常に分かりにくい、難しい局面。
中盤で自分不利だと感じたら、無難に進めるより、あえて盤面を難しくしたほうが良いこともある。

日本オセロ連盟

日本オセロ界の代表的な組織。大会情報とかが乗っている(http://www.othello.gr.jp/)参照

猫定石

縦取りからの黒変化の一つ。ゼブラの評価は黒-4だが、意外に打つ人は多い。

鼠定石

白並び取りの後の進行。白不利と言われる。

野兎定石

白縦取りに対して次の黒で変化する手。白有利になりやすく,大会等ではあまり打たれない。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

オセロ用語