盤面の呼び方

別に覚えなくても、自然に身に付く♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは盤面の呼び方を覚えましょうか。

生オセロ版を用いて説明する場合は、
ココに置いたら良いよ('-')ノ
って指で示せば何とかなるんですが、

手が離せない場合や、ネットでオセロする場合など、
指で示せない状況の時は、次に示す記号で示すと便利☆

なので着手場所は基本的に記号で書きますφ(・ェ・o)
図のような呼び方を覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

まあ、覚えようと意識しなくても、少し慣れるまで何度か盤面を見ていれば、
自然に覚えると思いますよ('-')ノ
そんなワケで…出来れば今日っきりではなく、お手隙でしたら当サイトにしばらく来てくれると嬉しい('-')ノ
そんな期待はずれなコンテンツではないように、色々作っているはず!

オセロ盤面
   図1 各マスの呼び方1
オセロ盤面
   図2 各マスの呼び方2

図1は、盤面上のマスを記号で表したもので、
全てのマスには呼び方が付いています。

これに沿って特定のマスを示す時は図2のように…
①は「c2」(普通にシーニと読む)、②は「g7」(ジーナナ)と読んで表します。

通常、アルファベットから読みます
また、ネットオセロの場合だと、a~h、1~8の記号、数値は盤面上に書かれています。
ネットオセロによっては、a~hが大文字で書かれている場合もあります。

が、このサイトでは、次に紹介するA、B、C、Xと紛らわしくなるので、
小文字で統一します。

特定領域の読み方

上のように、一マス一マスに付ける記号とは別に、
領域ごとに決められた名前があります。

オセロ盤面
    図3 特定領域の盤面の呼び方

これは、覚えて下さい('-')ノ
ってか、何度か打っているうちに自然に覚えます。

例えばc1に着手することを、「A打ち」、
b2に着手することを「X打ち」、
a1に着手することを「隅打ち」と表現します。

(スミ)」のコトを「(カド)」という人が大半なのですが、
正しくは隅です。角でも通じるんだけどね。

その他、中心の16マス(薄い緑色部分)をボックスと言います。
辺の1つ内側(黄色部分)を中辺と言います。

また、サイトや書籍によっては、
ここで示したX打ちのことを☆打ちと表記していたり、
隅打ちのことを☆打ちと表記している場合もあります。

何故か、☆打ちは人によって場所が異なってたりしてややこしくなる。
それに、σ(・・)自身が絵文字として☆を時々つかうので、
当サイトでは、X打ち、隅打ちと一般的な表記にさせて頂きますm(_ _)m

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

盤面の呼び方  (記事冒頭へ)
オセロの遊び方・ルール・基礎知識等  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)