相手の辺打ちに対し、こちらは放置するのはあり?【初級者向け・オセロの辺のコツ】

相手が辺に打ってきた場合、

この3パターンを紹介してきました。

しかし、相手が辺に打ってきても、

自分はそこに触れない、と言う選択肢もあります。

相手の辺打ちを放置して良いようなパターン

相手が辺にそれ以上打てない。

ここで右辺を見ると、黒はもう打つ場所がないですね。

一方左辺側は、上方が白、下方が黒と両方存在する形です。

この場合、黒が打てない右辺はそのままにしておき、左辺に打っていけば良いでしょう。

左辺では白b4、b5、b6辺りに打てます。
(b7、b8は相手に隅を献上するだけなので論外ね。)

石が縦に真っ直ぐ並んでいる形なので、

  • 返す方向が少ない。
  • 自分の着手に対して、相手に中割りなどされない

そういう手を探していけば良いでしょう。

分かりやすい手はb5でしょうか。
これで左辺はまだ打ち合いになります。

打てる場所が無くなっても、その時に右辺に打って手数を稼げば何とかなります。

相手がまだ辺に打てるけど、悪手

例えばこんな流れです。
黒が辺に手を出します。

黒がa6→a5と連続で辺に打ってきました。
が、a5の方は悪手です。

ここに黒が打ったことによって、白にはb3と言う、きれいな中割りの手が出来ました。

この場合、黒a4を打つ前に妨害しなくても良さそうです。

統計的に見ると、放置して良いケースはやや少なめ。

管理人がこれまで打ってきた中では、

相手が辺に打った場合は、割と高めの確率で、

  • 同じ辺
  • もしくは同じ辺の中辺(一つ内側)

に打つことが多いかなぁ。

7割くらいは同じ箇所に打つような気がします。

スポンサーリンク
 

コメント