初級者向け・オセロの辺の打ち方:付け手とは?

初級者向け・辺の打ち方基本にて、まずは相手が辺に手を出した時に、コチラはどう対応すべきか。

4つほど紹介しましたが、まずここで紹介するのは付け手と言う打ち方。

実際にはどういうものなのでしょうか?

辺の攻防で非常に重要な手筋なので、是非身に付け手(←)下さいね。

スポンサーリンク
 

付け手の流れ

では、実際に付け手の流れをやってみましょう。

相手が黒で辺に打ってきたとしましょう。

黒f8と辺に打ってきました。

貴方は白の立場です。付け手をしてみましょう。

こんな感じです。

このように付け手とは、

相手が辺に打ってきたら、すぐその隣に張り付くように打ち、相手に辺確保を迫るように打っていくこと

を言います。
付け手のことは、人によっては「当てる」と表現する人もいますが、どちらでも通じます。
ただ、「当てる」は先で紹介する「1マス空き付け手」や「切り返し」のことも指したりするので、当サイトでは「付け手」と表現しますね。

今回の場合、黒がf8と打ってきたので、すぐ隣のe8に打つことが付け手です。

上の盤面では、さらに黒がd8と辺を確保してきた流れです。

この場合白はさらにc8と隣に打ちます。これも付け手です。
黒はb8と再度辺を確保しました。

これで白も辺にいくらか手数を稼ぎつつ、最終的に黒が辺を取りました。


ちなみに、この5個連続する形を「ウイング」と言います。
ウイングは辺の形のなかでも、”あまり”作らない方が良いとされる形です。
(「ウイング」の項目で詳しく紹介します。)

あまり作らない方が良い形を相手に作らせることが出来た分、こちらが得した。と言う感じですね。


初心者同士の対局では、両者とも辺を取りたいと考える人が多く、先に辺を取った方が有利と考える傾向にあるので、むしろ取らせるくらいで大丈夫でしょう。

相手が辺に打ってきたら、付け手が出来ないかどうかを検討すると良いです。

付け手をしない場合どうなるか?

上の例は、黒f8の辺打ちに対して、白がすぐにe8と付け手をしました。

じゃあ、白付け手をしないとどうなるか?

一例をみてみましょうか。

白は付け手を行わず、例えばg4に打ったとしましょう。

この白g4も一方向返しで悪くない手なのですが…

黒はe8と連続で辺を取ります。
(e8の他、c8に打たれることもある。これはダブルA打ちと言ったりする。)

そしてまた白番です。
黒f8に打つところから見ていきますね。

「黒に連続で打たれる=黒に辺で手数を稼がれる」

と言うところが、白にとっては相対的に不利になります。

この流れでは…

  1. 黒が辺に打つ(黒辺に1回)
  2. 白が辺以外に打つ
  3. 黒が辺に連続で打つ(黒辺に2回)
  4. 白が付け手する(白辺に1回)
  5. 黒が辺を確保、ブロックを作る。(黒辺に3回)

ブロックについては(「ブロック」の項目で詳しく紹介します。)
ブロック自体もあまり良い形ではありませんが、ウイングよりは相対的にやや良い形とは言われます。

辺に打った数だけ見ると、

黒が3手、白が1手と、黒が辺に2回多く打っていることになります。

言い換えれば、白は辺のやり取りで2手損し、その分辺以外の所に打たないと行けないと言うことになります。

スポンサーリンク
 

ここで、先ほどの「白がすぐに付け手を行った場合」を見てみますね。

こちらの流れでは…

  1. 黒が辺に打つ(黒辺に1回)
  2. 白が付け手する(白辺に1回)
  3. 黒が辺を確保する(黒辺に2回)
  4. 白が再度付け手する(白辺に2回)
  5. 黒が辺を確保、ウイングを作る。(黒辺に3回)

黒は辺に3手、白は2手打ちました。

先ほどの白2手損に対して、こちらは1手損で済みました。

たった1手の違いですが、オセロの1手の損得って結構大きいもんです。

しつこいようですが、オセロで重要なのは、自分の打てる箇所数が多いほど有利になりやすいゲームであり、

今回のように、放置すると相手に辺で手数を稼がれる場合は、(今回は)付け手によってコチラも辺に手数を稼ぐことで、

相手にあまり手数を稼がれずに、相手に辺を取らせることが出来るようになります。

相手が辺を確保すれば、別の箇所を打ち進めて行くときに、黒は辺の石が種として作用するため、
沢山取ってしまうような場所が増え、打ちにくくさせることが出来ます。

相手が辺を確保しなかったら?

上の例では、黒が最終的に辺を確保しました。

でも、辺を取りに来ない場合もあります。
その場合どうすれば良いのでしょうか?

このように、辺を取ってこなかったらどうするか?

上の盤面では、黒が辺を取らないなら、白が逆に取ってしまう例です。

白が辺を確保することで…

  1. 黒が辺に打つ(黒辺に1回)
  2. 白が付け手する(白辺に1回)
  3. 黒が辺を確保する(黒辺に2回)
  4. 白が再度付け手する(白辺に2回)
  5. 黒が辺以外に打つ
  6. 白が辺を確保する(白辺に3回)

黒は辺に2回、白は3回と、白が1手多く辺に打つことが出来るようになります。

その分黒はその間に別の箇所に1手打つことになるため、黒は打てる箇所数が減ることになります。

ただし、白は辺(ウイング)を作ったため、将来的に不利になりやすい。と言う感じです。

辺を確保すればそのタイミングでは手数を稼げるけど、将来的に大丈夫かどうか?

この辺は先まで読む力が必要なので、初級レベルでは難しいかも知れないです。
隣の辺と中辺がどう言う展開になるかまで構想が必要ですからね。

  • ここで手数を稼がないと、X打ち等しか出来なくなる
  • ここで手数を稼げば、相手を追い込める

なんて時は、辺を確保したほうが良い感じです。(初級レベルではこんな感じ)


少し先の項目で、分かりやすい例は紹介する予定です。

付け手が悪手になる例

相手が辺に打った場合、ここでは付け手を検討しようと言う内容ですが、

付け手が悪手となることも当然あります。

初級者向け・オセロの辺の打ち方:良くない付け手もある。
付け手の続きです。 相手が辺に手を出した時に、コチラの取る対応の一つとして付け手があることを紹介しました。 相手の打った辺に対し、すぐ隣に張り付くように打つことで、辺の

続きの記事で紹介していきますね。

いずれも、まだ紹介してない内容ではあるんですが、Step2初級者向けで全部出てくるので、ここで軽く触れておきますね。

スポンサーリンク
 

コメント