中割り数値化する(開放度理論)

変な用語出すなよーとか言わないでねw 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

付けたのはσ(・・)じゃない。念のため。

ここは、着手の良し悪しを見た目ではなく、
具体的数値に置き換えて判断する、理系的な考えで打つ方法です。

先に言っておきますが、
ここの内容はある程度オセロに慣れてきたら、それほど重要ではありません。

ってか、無駄に計算することなく一瞬で分かるようになる。
なので参考程度に読んでみてくださいな♪

スポンサーリンク

初心者レベルの中割りを更に磨く
悪い中割り(むき出し型)

この2項目で中割りについては大体理解できたかと思います。
ただ、着手については他にも考え方があります。

それが開放度理論
最初は数えるのに結構時間掛かりますが、慣れればスグできます♪
では次の盤面を (説明するより盤面見た方が早い!)
黒番です。

オセロ開放度理論
      黒番
オセロ開放度理論
    黒打てる箇所

まず打てる箇所は
{①e2 ②f2 ③g2 ④h3 ⑤g5 ⑥f6 ⑦e6 ⑧d7 ⑨c5 ⑩c6}
の10箇所ですね。

ここで考え方なのですが…
①e2と②f2だけやりますので、他はやってみてください。

①e2に着手した場合
返す石はf3の1石ですね。
このf3(赤枠)について、周囲1マスの空き数を数えます。

オセロ開放度理論
  図3 黒返した石とその周辺

青枠:打った場所  赤枠:返した石
すると、空いているのはe2、f2、g2の3マスであることが分かりますね。
この場合は1石返しなので、数えるのはこれだけで、開放度は「3」です。
返した石はf3のみなので、これで終了です。

②f2に着手した場合
返す石はf3、f4の2石ですね。
今度はf3、f4それぞれについて数える必要があります。

オセロ開放度理論
      黒返した石とその周辺

青枠:打った場所  赤枠:返した石
f3はe2、f2、g2の3マスが空いています。
f4はg5の1マスが空いています。
返した石が2石の時は、これら二つを合計します。
従って開放度は3+1で「4」になります。

で、この数値が一体何なのか?
言ってませんでしたね(笑)
考えてみてー

開放度の数値は小さい程良い。
開放度が小さい
=返した石の隣接8マスが空いてない。
=返した石の周りが他の石によって囲まれている。

中割りの基礎で述べました通り、
オセロは相手に石を囲んで貰った方が、自分の打てる箇所数が増えて有利になりやすいのですよ。

あと、①、②以外の解答は…
③g2 8(=5+3)
④h3 8(=5+3)
⑤g5 1
⑥f6 2
⑦e6 5(=2+3)
⑧d7 3
⑨c5 5(=3+2)
⑩c6 3

以上より⑤、⑥
つまり、g5かf6辺りが好手となるわけです('-')ノ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

中割り数値化する(開放度理論)  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)