悪い中割り(むき出し型)

ちなみに、相手も「中割りしたい」って考えてますからね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者向けにて中割りの基礎について紹介しました。
ここでは、もう少し踏み込んだ中割りを身につけていきます。
ここで教えるのは、ちょっと残念な中割り。

要は石の内部を掘り進むように打っていけばいいのですが、
ちょっとした注意点があります。

スポンサーリンク

相手も同様に中割りを狙ってきます!(相手がある程度経験者の場合)

貴方が打った手によって、
相手に中割りが出来るような手を作ってしまってはいけないと言うこと。
例えば貴方が中割りによって返した石の一部が外にむき出しになってる場合、
悪手になる場合が結構多いです。

盤面で言うとこんな感じです。
黒番です。

最初の局面を見ると、黒の中割りができそうな場所はg6とf7ですが、
ここではg6は悪手になる。

イメージとしては
地中を掘り進むモグラが目的地に進む途中に、一瞬地表にはみ出てしまうような感じですね。
その部分を叩かれます(笑)

自分が中割りをしても相手にも同様に中割りをされては、
自分の打った中割りは悪手となることがあります。
(厳密には、この黒g6は中割りとは言えない。)

今回の場合、返した石のうちe4の方は周りの石に囲まれてません。
f3方面がむき出しになっています。

白はここを狙って打ってきます。
これを本サイトで勝手に決めましたが、中割り返しとか言ったりします。
これで次は黒番なので、また中割りの手を他に探さないといけなくなります。

では実際黒はどこに打つべきだったのでしょうか?
もう一度問題の盤面を!

これだと返る石はe6、d5の2石で、この2石は周りが完全に囲まれています。
つまり、この返した石を相手から中割り返しとして被弾せずに済みます。

正解はf7でした。

初心者向けで中割りをやってきましたが、
ちょっとだけ相手の立場も考えて打てるようになると、また更に強くなれます。

練習問題も用意しているんで、是非やってみてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

悪い中割り(むき出し型)  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)