切り返し

付け手に対する反撃技のことです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良くない付け手」で、
付け手しない方が良いパターンの一つを紹介しました。

覚えてますか?
相手に辺確保はさせられるけど、同時に余裕手まで献上してしまう打ち方ですね。

そしてここでは、
付け手しない方が良いパターンその2を紹介し、
同時に切り返しという技を紹介します。

貴方は黒の立場です。まずはh5と辺に打ったとしましょう。
 対する白がh4と付け手で反撃してきた場面です。次の黒を考えてみよう。

スポンサーリンク

では、実際に切り返しを行ってみましょうか。

白のh4付け手に対し、黒は安易にh3に打ってはいけない。
(ちなみに逆の立場で相手が初心者なら、ここで安易にh3と打つでしょう。)
辺は自分も手数を稼ぎつつ、最終相手に辺を取らせるのが良い。

ということを考えると、黒はここでh3ではなく、
逆に黒h6と打つことによって、反対に白に対してh7を取らせて辺確保を迫ることができます。

この付け手返しのような打ち方が切り返しと言います。
辺確保とは反対側に打つような感覚です。

優劣で考えると、
最初に打った黒h5の辺打ちは好手になります。
白が付け手してきても切り返しで反撃できたため。
逆に白は、h3の付け手があまり良くなかった。
ここは右辺を無視して他の場所に打つべきでした。

自分が辺に打ち、相手に付け手をされ、こちらはしぶしぶ辺を取る状況だと、
相手が有利な場合が多い(その辺に限っては)のですが、
相手の付け手に対して、こちらが切り返しが出来る場合は、
こちらの方が有利になりやすいです。

実戦では、辺のやり取りが終わるトコロまで先読みし、
相手に付け手されても、簡単に辺を確保できる or 切り返し出来るなど
こちらにとって悪い戦況にならない状況を想定することが大事!

切り返し返しなんて技もある

簡単に言えば、切り返しを更に切り返しでカウンターする打ち方ですね。
「相手が付け手してきても切り返しで反撃できるから、辺に手を出す」
この判断は良いことなのですが…

こちらの切り返し後に、相手が更に切り返しで反撃してこないか、
ここまで確認するのも棋力向上に重要です。
↑の切り返しよりもう一手深い読みが必要になります。

こんな感じです。

先ほどと若干違うのは、g3の石をなくしただけだったりする。
言い換えれば、ここに白が打てる状態になったと考えてくださいね。

このような場合は、
図8で黒h6と打って切り返しをするよりは、
辺を確保した方が良い場合が多いです。

まあ実際は盤面によるので、絶対正しいとは言い切れません。
ほんと、状況によります

深く読むと結構難度が高いので、
今は「こんな打ち方もある」程度に覚えておくと良いでしょう。

では付け手が悪手となる場合は、別の対応を考えないといけない。
そこで次は良くない1マス空き付け手を紹介します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

切り返し  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)