奇数理論(逆偶数理論)

主に黒。白から打てない奇数空きは保留しよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の盤面を見ていただきましょう。
貴方は黒の立場です。

オセロ奇数理論
            黒番

奇数空きには自分から打つと偶数理論のページに赤字で書きましたが、
これに従うと、黒は右下か左下のどちらかになります。

どちらが良いでしょうか?

スポンサーリンク

答えは右下、g7です。
ここで右下と左下はどう違うのか?ですが

相手(白)の立場で考えるのですよ。
白は今、左下に打つことができません。
実際のところ、オセロは60手で終了するゲームであり、後手は白なので、
途中でパスが無い限りは白が60手目を打つことになります。

じゃあ、途中パスがあるとどうなる?」って話。

黒は普通に打っていくと、最後は白が手どまりを打つので、
白石の方が多くなる傾向にあるのです。
そこで、今回のように
白が打てない奇数空きがある場合は、黒から手を出さずに、最後まで保留しましょう。

このように白が打てない奇数(3マス)空きを最後まで保留すると、
それ以外を全て埋めた時に白をパスさせることができます。

1度パスすると、最後60手目は黒が手止まりを打つことができます。
しかも白パスをしていると言うことは、終盤黒が1手分多く打っているため、
黒石が多くなりやすく、かなり高確率で勝てます。

逆に白持ちになった場合は、このように自分が打てない3マス空きを作らないように打つ必要があると言うこと。

じゃあもし
最初の盤面で、黒左下から打つとどうなる?
考えてみよう。

こうなります。

黒b7に対して、白はa8と隅に打ってくるでしょうか?

打ちません
白はg7と打ってきます。
これで、3箇所が全て2マス空きになり、全て黒→白の流れで手どまりを打たれてしまいます。
結果、負けます。

逆にあなたがこれ白持ちの場合、ここで喜んですぐa8と打ってはいけない。よく考えるべきである。
a8が正解かもしれないし、a8が敗着になることもある。

白が打てない奇数空きが出現した場合は、すぐに打たずに、保留することを考えよう。
まあ、すぐに打った方が良い場合もありますがね。
あと3マス空き以外にも、1マス、5マス、7マス…空きも同じ考えです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

奇数理論(逆偶数理論)  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)