理由もなくX打ちしてはいけない



共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

初心者レベルでは、まず打たないようにしよう。

少し前に、こんな記事。

オセロは隅を取ると、そこから確定石を増やしやすくなるため、取って良い時はどんどん取っていきましょう。ここでは初心者向けに、相手がX打ち、C打ちをしてきたらどう打つか?ということを考えてみようとお思います。

相手がX打ちをしたならば、隅(角)を狙おうなんて話をしました。

ここではその逆の立場を考えてみようって事で、
理由もなくX打ちをしてはいけないと言うことも紹介していきます。


スポンサーリンク

X打ちとは?

理由もなくX打ちしてはいけない

step0の「オセロ盤面の呼び方」でも紹介した、
中辺の中でも角に当たる部分。
言い換えれば、隅(角)よりも斜め一つ内側に存在する4マスのこと。

ここに着手することをX打ちと言います。
見ての通り、隅(角)のすぐ隣なので、ここに打つことで相手に隅(角)を取られる可能性が高くなります。

理由もなくX打ちをすると?

では、何も考えずにX打ちしてみよう。

こんな局面
黒番です。X打ちします。

簡単な例ですが、このように簡単に隅を取られてしまいます。
この時点でa2~a8は白の確定石になり、更にこの後、白はg8に打てば下辺も確定石になります。

こうなってしまうと黒に勝ち目はほぼありません。

今回黒はまだ他に打てる場所がありました。
折角なので考えてみましょうか?

2箇所くらい、良さそうな手はあると思います。

この2箇所なら、中割りと言う手になります。
こちらに打てば全然問題なく、わざわざX打ちして相手に隅を献上する必要はないですね。

相手に追い詰められて、仕方なくX打ちせざるを得ない。
となった時はまあ仕方ないですが(笑)

そうでないなら、現時点では他に打つことを考えよう。

ここで当記事のタイトルにもなっている「理由もないX打ち」と記載しましたが、一体どういうことか?

理由のあるX打ちもある?

先に答えを言うと、理由のあるX打ちと言うものはあります!

打つタイミングによっては、

  • 相手を困らせたり
  • むしろX打ちが勝利確定の一手だったり…
  • 或いは、予想もつかない場面でX打ちして相手を困惑させたり…
  • 打ちをすることで、そのX周囲(特に隅)への着手をけん制したり
  • 相手に敢えて隅(角)を取らせるX打ちする

などなど、局面によっては、
逆転を試みたり、トドメを差したりと、オセロ中~上級者と、レベルが上がるにつれてX打ちは非常に面白い一手になり得ます。

一方でX打ちは意味もなく打ってしまうと相手に簡単に隅を取られてしまうため、大悪手になります。

初心者の打つX打ちは、大抵の場合は意味もなく打っていることが多く、
相手が意味もなくX打ちしたならば、隅(角)を取って楽に勝ててしまいます。

当記事では、とりあえず「X打ちはしないように」と書きましたが、
意味のあるX打ちをするためには、ある程度の知識が必要になります。

最初に登場予定なのは、ウイングを狙ったX打ちでしょうか?
step2初級者編で登場します。

順番に、打ち方のノウハウを身に着けて行きましょう。


スポンサーリンク

step1初心者編はもう少し続きます。

→次の記事
ここでは、初心者と少し慣れた方が実際に対局した時によく起こる流れを示しています。貴方はまず、少し慣れた方の打ち方を身に付けよう。
トップへ戻る