オセロの勝つコツ: 隅(角)を狙おう



共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

皆が大好き、隅の価値は?

強力ですよ(’-‘)ノ
隅を取ることで、そこを起点に確定石を増やしていけます。

次の「確定石とは何ですか?」で詳しく説明しますが、
もう二度と変わることのない石のことです。

確定石を増やせば、それだけ勝利に近づきます。
隅を取ると言うことは、確定石を増やすことに繋がるので、取れる時は取っていこう!

また、隅を全部取れば絶対勝てる?
と考える初心者はいると思いますが…本来はどうなんだろ?


スポンサーリンク

隅(角)を取るための条件

オセロは相手の石を挟んで取ると言うルール上、既に置かれている石の隣しか置けないですよね?

つまり隅(角)が取れるようになるには、

  • X打ちをする
  • C打ちをする

のいずれかが必須になります。

とりあえず今回は最も簡単な例。
相手が、X打ちしたまたはC打ちしたら隅(角)を取れるチャンス。
と思って、打ってみよう。

相手がX打ちした時の隅(角)の取り方

例えばこんな局面。
貴方は白の立場です。

黒は他に打つ場所がなく、b7に打ちました。
白どう打ちますか?

先ほど同様、「>>」で1手進めて考えてください。
2手進めると答えが出ます。

こんな感じに隅(角)を取ればOK。

このように、相手を追い詰めてX打ちをさせた。
しかも、白は簡単にa8を取ることができます。

さらに白はh8も打つことができますね。

すぐに隅(角)を取れないケース

さっきと似た盤面ですが、少し状況が異なります。

こんな局面。
貴方は白の立場です。
「>>」で1手進めて考えてください。

さてどうでしょう?
今度は白a8に打てるでしょうか?


スポンサーリンク

残念ながら、すぐには打てないですよね?

その理由は下図の赤線上のように、黒で通ってしまっているから挟めないんですね。
ちなみに、黒のこの斜め一色の状態を

  • ブラックラインが通っている
  • 対角線を通す

と言います。

【補足】
ブラックラインって呼び方はこう言うことです。
オセロの勝つコツ: 隅(角)を狙おう

オセロの初期位置は図のようになっており、
右上と左下が黒
左上と右下が白
であり、その延長線上のラインということ。

黒がラインを通しているからブラックラインではない。

この場合、すぐには隅(角)に打つことができません。
どうすれば良いか?

もう一度、先ほどの局面を見てみましょう。
「>>」で進めてください。

すぐに隅(角)に打てない場合は、
このように黒で通っているブラックライン(対角線)を切るように打ってあげます。

これで次の番で隅(角)が取れます。

相手の対角線を切ったのに、直後の相手の番で、対角線を復活させられる。
と言う手を打たれる場合もありますが、少し先読みが必要な話なので、また後ほど紹介します。

相手がC打ちした時の隅(角)の取り方

次は、相手がX打ちではなくC打ちした場合を見てみよう。
X打ちに対する対応と少し変わります。

最初は簡単な例で…
白が次のように打ってきた場合です。
貴方は黒の立場です。

先ほど同様、「>>」で1手進めて考えてください。
2手進めると答えが出ます。

このように黒はh8を取ればおけまる。

確定石とは何ですか?で再度説明しますが、
8行の黒石(6個分)はもう二度と白に変わることがありません。
これを確定石と言い、これを増やしていくと勝利にどんどん近付きます。

X打ちに比べると結構分かりやすいと思います。
隣に打ってきたからそのまま取ってしまうと言う流れですね。

ただ、相手を追い込んだ時は、C打ちされるよりX打ちされる方が多いですね。

隅(角)を取らないとどうなる?

ではもし、黒はh8に打たなかったらどうなるか?

貴方は黒の立場です。
先ほど同様、「>>」で2手進めて考えてください。
3手進めると、白がどこに打つかが出てきます。。

このように白に反対側まで取られてしまうと、黒は隅(角)を取れなくなってしまいます。

と考えると、相手からこのようなC打ちをされると、
「隅(角)を喜んで取れる」と言うより「取らなければいけない」とも言えますね。
この辺はまた後ほど応用例を考えていきます。

相手が辺を取っていてさらにC打ちをする場合

こういうやつです。

相手が編を確保していて、そこへ繋げるようにC打ちをした場合は、
此方が隅(角)を取ることはできません。

隅(角)を全部とれば絶対勝てる?

絶対とは限りません。

4隅とも取れれば、上級者同士の対局でも8割以上は勝てると思いますが、
絶対とは限らないです。

隅を取ったがために逆に負けるようなケースもあります。

よく言われるのは、
隅(角)は取りたくて取るのは強いが、取らされてしまってはダメ

と言う表現があります。

ただこれは少し難しい話になるので、
貴方がもう少し強くなった頃に、改めて「隅を取る=不利になる」事例を紹介します。
取り敢えず現段階では、隅を取れる時は取る!この考えで強くなりましょう。

相手がなかなかXやCに打ってくれない

隅(角)を取られてはいけない

と言うことを知っているプレーヤーだと、自分からわざわざXやC打ちをしてくれることは無いと思います。

つまりは、相手にXやC打ちしか出来ない状況へ持って行くことが大事になります。

それについては、初心者をぶっ倒すためには?で少し紹介します。


スポンサーリンク
トップへ戻る