オセロ中盤、辺打ちのコツ。コチラが先に打つ時は1方向返しから優先しよう

コチラから辺に先手を打つ場合の考えとして、まずは基本となる例が、

出来るだけ1方向返しで済むような手を打ちたい。

と言うもの。

よく、オセロ初心者は最初から辺をガンガン取っていく人が多いのですが、
とにかく取れる時は2方向返しや大量取りでもお構いなく取ることが多く、これでは悪手です。

正しく打てば好手になることも多いです。

スポンサーリンク
 

辺上の、どこに打つのが良いですか?

ではでは、まだ対象とする辺に石が無い状態。
貴方から辺に手を出す際に気を付けることを挙げておきましょう。

って標題の通り1方向返すのが一番無断なんですけど…ねw

次の局面。
貴方は黒の立場です。

オセロ中盤、辺打ちのコツ。コチラが先に打つ時は1方向返しから優先しよう

これから左辺、

a3、a4、a5、a6

のいずれかに辺打ちを行うものとします。
どこに打つのが良いでしょうか?

まずは、どこが良いか考えてみてください。

以下の4つの局面、>>を押すと着手します。

黒a3に打つ場合


黒a3に打つと、右と右下の2方向返しになります。
右下(b4)が黒になるため、白にはa4と言う「付け手」が出来るようになります。

黒a4に打つ場合


こちらは3方向返しになります。
右上、右、右下と取ってしまいますね。

この後白はa3の付け手が強力で、黒a2を迫られます。
ちなみに白a5に対しては黒a3で切り返しできるので、白a5は緩め。

このように、黒のa4・3方向返しによって、白はa3、a5どちらにも打てる可能性を作ってしまいます。

スポンサーリンク
 

黒a5に打つ場合


今回は1方向返しです。右方向だけ返します。

今回はたまたまでもありますが(狙ったわけじゃないよ)白は「付け手」も「1マス空き付け手」もできません。

勿論白が付け手など、出来るケースも多くありますが、
多方向返しに比べて1方向返しだと、相手の反撃パターンも絞れるので、良い手になりやすいです。

4・3方向返しによって、白はa3、a5どちらにも

黒a6に打つ場合


こちらも黒2方向返しです。右上と右を返しますね。

右上のb5を黒にしたことで、白にはa4と言う付け手が出来るようになってしまいます。

ここで黒a4を迫られるわけですが、この黒a4はなんと4方向も取ってしまいます。
打ったら分かると思いますが、左辺が真っ黒になりますね。

すると、左辺は将来的に白から好きなように打たれてしまうため、黒戦いづらくなります。

1方向返しを”できるだけ”意識する

例外はあるのですが、
辺に打った時は返す石の方向が1方向である方が好手である場合が多いです。

返す方向が多くなるほど、たくさんの石を返してしまうため、
相手の打てる箇所数も増えるし、付け手などの反撃を受ける可能性も高くなります。

今回の場合はa5に打つのが良いと言えます。

ここと若干被りはしますが、

次はコレ。

オセロ辺打ちのコツ。相手に付け手されても平気かどうか?
こちらが辺に先手で打つと、相手に付け手できる手が存在する場合、そこへ打ってくる可能性があります。 付け手には「良い付け手」と「良くない(悪い)付け手」があり、

コチラの辺打ちに対して、相手に付け手をされる場合です。

が、付け手をされても実際のところ

  • 問題なパターン
  • 問題になるパターン

をそれぞれ紹介していこうと思います。

スポンサーリンク
 

コメント