初心者レベルの中割りを更に磨く

そんな都合の良い中割りばかりではない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オセロ初心者向け(Step1)で、中割りを紹介しました。
ただここで紹介した中割りは、とても分かりやすい例。

相手が初心者であればコチラが一方的に中割りを繰り返すことが出来るんだけど…
これから先、相手も段々レベルアップしてくる。
相手も中割りのことを多少知っているかも知れない。

そうなってくると、初心者向けでやった、
簡単な中割りだけでは段々通用しなくなってきます。
そこで、これから先、少しずつ難易度を上げた中割りを紹介していきます。

スポンサーリンク

この局面
初心者向けでもだしたやつ。

とこれは、黒e3が正解。

返す石はe4の一石だけ。もちろん一方向返し
しかもe4は周りにすっぽり囲まれた石で、完璧な中割りですね。

これだと非常に分かりやすい。
しかし残念ながらオセロは、そんないつも単純な局面ばかりが現れるとは限りません。

実戦では、これよりももっと複雑な形も沢山出てきます。
また↑の例では、完全な中割りになっていますが、
もう少し汚い中割りだとか、大量取りの中割りだとか、色々あります。

そこで初級者向けでは、少しレベルアップ!
上のような綺麗すぎる中割りよりちょっと汚い中割りになるけど
それが果たして好手なのか悪手なのか、その辺を追求していきましょう。

一応初級者向けでは…

あと、ちょっとオマケですが、開放度理論なんて理系型思考に少し触れてみます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

初心者レベルの中割りを更に磨く  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)