野ウサギ定石。白6手目c5の対応をさくっと紹介。最善手ではないけど見た感じ打ちやすい?

野ウサギ定石は黒からの変化ですが、あまり打たれません。
その理由は黒にとって急所となる場所ができ、白は容易に打ててしまう。

ということを前回お話しました。

オセロ・野うさぎ定石
厳密にはウサギ系定石ではないのです。 (3手目で★=c5に打つのがウサギ系) しかし定石名が似ているし一つ隣なだけ、雰囲気が似ているので一括りにしています。 そし

こちらですね。

上級者はほとんど打たないのですが、
最序盤なので定石をあまり知らない人が、アドリブっぽく打つケースが割とあるから、白側で対策はしておきたいです。

ここでは対策の手:その3をさくっと紹介します。
ほんとサックリです(笑)

 

6手目でc5と受ける。最善ではないけど人間的に打ちやすい?

コンピュータの示す限りでは…

オセロ定石、野ウサギの受け方

①のg5が最善、ついで②のg6が次善手。
次に③のc5もなかなか良い!という評価なんです。

最善ではないc5ですが、実際に打ってみるとそこそこ打ちやすいので、選択肢の一つです。

実際にありがちな流れは…

比較的自然な流れだと、こうなるんじゃないかな?

途中「なぜでしょう?」と問うた箇所がありますが、
もし黒のc4を消すe7やf7だと

e7の場合

f7の場合

このように

  • 黒のc4を結局消せなかったり
  • 消せる代償として白大量に取ってしまったり

と分の悪い手を打たないといけなさそうですね。

しかも下辺側は黒壁になっていて、無理に開けるよりもb5の方が良い感じでしょう。

ざっくりこんな所ですね。

黒が「野ウサギ」を打ってきて、こちらは6手目でc5に打つ場合は、この辺まで押さえておけば序盤はたぶん大丈夫でしょう。

 

戻るアイコン

戻るアイコン

コメント