相手が辺打ちした時の対応4種

相手が辺に手を出した瞬間に、貴方は対応を考えるべきです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者は辺に打てることを察知すると、高確率で打ってくるのですが、
 「辺が取れる時はいつでも取る!」と言う考え方は間違いです。

これから何度か言うと思いますが、辺の攻防で大事なのは、
打てる箇所数を増やす、手数を稼ぐってコト!
辺の攻防においては、こちらも辺で手数を稼ぎつつ、相手に辺を確保してもらうのが良いです。
ぶっちゃけこれは辺に限った話ではなく、終局まで全ての流れにおいて共通してますね。

スポンサーリンク

ではここで、相手が辺に打ったとしましょうよ。
相手が辺に手を出した瞬間、貴方は次のおおよそ4通りの選択肢が生まれます。

対応1:付け手する。
相手の打った場所のすぐ隣と張り付くように打ち、相手に辺確保を迫る。
付け手」で詳しく紹介します。

対応2:1マス空き付け手をする。
相手の打った場所のから1マス間を空けて打つ方法。間にできる穴をどう処理できるかが重要。
1マス空き付け手」で詳しく紹介します。

対応3:相手のA打ちに対し、Aに打ち返す。
=2マス空き付け手とも言える。あまり良い手ではないけど、
上2つがどちらも微妙で、次に示す放置もできない場合に打つ。
A打ちに対しAで付ける」で詳しく紹介します。

対応4:放置する。
相手がそれ以上辺に手を出せなさそうな状況の時は、放置するのも一考です。
相手の辺打ちに対し、放置する」にて紹介します。

前回辺は取るべき?取らせるべき?にて、5箇条のようなことを言いました。

 ①辺を取る時は相手に反撃(付け手)されないような状況で打つ。
 ②辺は出来るだけ相手に確保させる。
 ③こちらが手数を稼いだ上で、相手に辺を取らせると完璧!
 ④自分が辺を確保する場合は手数を稼ごう!
 ⑤逆に手数を稼げずに辺を取る(取らされる)ことは損である。

ここで考えるのは、②&③
辺はできるだけ相手に確保させた方が良いのですが…
相手に取らせっぱなしよりも、こちらも辺で手数を稼いだ上で相手に確保させられれば完璧です。

例えば盤面で2つ紹介する

相手の辺打ちを放置した場合

では、相手の辺打ちに対して付け手をしてみる。

2つを見比べるとどうでしょうか?
両方とも黒は右辺を確保したのですが、
打ち終えた後の白の打てる箇所数を比較してみてくださいね。

前者は黒が辺に3回打っている間に白は左側に打っている分、左側の打てる箇所が大きく減りました。
一方後者は黒は2回打って、白も打っているので、左側の打てる箇所はあまり減っていないです。
後者の方が白はb4→b3と打つ手ほ保持できていますね。

しつこいようですが、オセロで重要なのは「打てる箇所数が多いほど有利なゲーム」なので、
この場合は、後者のように付け手をすべきだったってこと。
これが一例でした。

ではでは、 「付け手」や 「1マス空き付け手」、「2マス空き付け手」、「放置」の具体的打ち方、
そしてどのような場合に有効であり、またどのような場合は打たない方が良いのか?
その辺をはっきりさせましょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページφ(・ェ・o)

相手が辺打ちした時の対応4種  (記事冒頭へ)
オセロで勝つコツ・必勝法(初級者向け)  (一つ前・一覧ページへ)
オセロ&リバーシの勝ち方・必勝法 (TOPへ)